夫婦でバンコク移住下町滞在日記

夫婦でタイ・バンコクへ移住!!バンコク下町生活を記録するためのブログです( ^ω^ )♪少しでも役立つ情報があれば幸いです。2018年12月にウド助(♂)が誕生しました。

初の乳児連れホテルステイは『チャトリウム・リバーサイドホテル』でのんびり滞在。

f:id:bochibochika:20191018022220j:plain

 

サワッディーカァー(^人^)

 

少し日が空いてしまいましたが・・

10月の3連休で過ごしたホテル滞在について書きたいと思いまっす!

本来なら8月の連休で行く予定でしたが、のっぴきならない理由で延期になりました〜

そしてこれが家族3人の初ホテルステイになります♪

近場なので小旅行気分で過ごしてきましたが、思い出の備忘録として。

ブログをじっくり書ける時間を捻出するのが難しい中、なんとか家事育児の合間にちまちまと書き綴り、やっとこさアップ出来て嬉しいのでどなたか感想ください。

また、同じように赤ちゃん連れでホテルステイを考えられてる方の参考になれば幸いです!

 

【目次】

 

チャトリウム・リバーサイドホテルを選んだ理由

 

今回このホテルを選んだ理由は、

 

・チャオプラヤー川が眺められるリバーサイドホテル!

・キッズ用プールがある!

・コスパ良い(部屋が60㎡〜と広い)と知人に勧められた!

 

です^^

 

そもそも8月に予約していたホテルは別のホテルでした。

同じチャトリウムでもサトーンにあるホテルで、そちらの方が子連れステイには良さそうなホテル。南国感漂う雰囲気のプールにも惹かれました。

でも最初はリバーサイドホテルで探していたんですよねー。

しかしながら料金が高くて泣く泣く断念・・

もう一度調べ直したところ子連れ滞在に良さそうな『チャトリウム・レジデンスサトーン』が浮上して予約に至ったわけです。

 

が、冒頭で申し上げた通り残念ながらキャンセルとなり。。( ゚д゚)

 

有難いことに本来なら戻ってこないホテル代がアゴダ経由で予約したためアゴダコインで返金されました。

 

本来なら返金対応してくれたレジデンスサトーン に再び予約すべきところですが、

私たちは罪悪感を感じながらも別のホテルに浮気したのです。

何故ならこのホテルのバスタブが独立していなかった点について不満を感じ始めたのと、チャトリウムリバーサイドで検索したらタイミング的に料金が安い割に広い部屋に泊まれそうだったから・・

 

リバーサイドに泊まりたかった欲が勝ってしまいました。

 

同じチャトリウムということでお許しくだされーー(><)

でもサトーンのホテルも気になっていることは事実。

次回バンコクのホテルステイはそちらに宿泊したいなぁ〜と思っています。

 

チャトリウム・リバーサイドホテルの場所 

チャトリウムリバーサイドホテルはチャオプラヤー川沿いに建つ36階建てのホテル。

似た建物が3棟並んでいますが残りの2棟はレジデンス(住居)として利用されているようです。ホテル向かいには高級そうなインターナショナルスクールもあり、上からみるとその広さに驚きます。

 

最寄駅はBTSサパーンタクシン駅。船着場から専用シャトルボートが運行しています。

 

15分間隔で発着しているチャトリム専用のシャトルボートがこちら。

f:id:bochibochika:20191019002350j:plain

私たちはGrabでサパーンタクシン駅まで行ってそこからシャトルボートに乗りました。

Grabでホテルまで直接行かなかったのはウド助と一緒にボートに乗ってチャオプラヤー川を渡りたかったから。ボートって風が気持ち良いし、ボートでホテルまで向かうってなかなか機会がないですからねー。

たった5分の船旅でしたけどリゾート泊に向けて気分を上げるには十分!

ボートから降りるときは思わぬ親切に出会いました。

ファラン夫婦の男性が何も言わず私のスーツケースを持って降りてくれたんです。

赤子を抱っこしていたわけでも重い荷物を持っていたわけでもないのに感動〜

楽しそうに笑いながら持ってくれてきっとサービス精神旺盛な人なんだろうな。

   

グランドスイート1ベッドルームリバービュー

私たちが宿泊した部屋は、

70㎡の広さがあるランドスイート1ベットルームリバービュー

口コミを見てたらシティビューより断然リバービューの部屋がオススメされていたので迷わずリバービューをチョイス!!

 

↓↓↓ 部屋の詳細はホテルのサイトより確認出来ます。

https://www.chatrium.com/ja/chatrium/riversidebangkok/rooms/grand-suite-one-bedroom-river-view.html

 

私たちが宿泊することになった部屋は14階。

ハイフロアを希望してたけど14階だったのは予約で埋まっていたのだろうか?

もしくは14階もハイフロアに含まれるの?

 

さてさて私たちが宿泊した部屋の写真も載せちゃいますよ〜

 

まずはこちらがリビング。

f:id:bochibochika:20191019003700j:plain

逆光で暗い写真になっちゃいましたがリビングだけでも結構な広さです。

ソファー前のテーブルにはウェルカムフルーツとしてりんごとみかんが置いてありました。包丁はなかったからりんごは齧り付けってことかな?w

 

そして奥には広めのプライベートバルコニーあり!そこから見えるチャオプラヤー川の景色が最高なのです!!リバービューの部屋はこれが醍醐味ですよね〜

f:id:bochibochika:20191022180828j:plain

 

日暮れにはこんな景色も見られました。ビル間から覗く夕日がめちゃめちゃ綺麗です。

f:id:bochibochika:20191101013806j:plain

14階でこの景色なら十分( ^ω^ )♪♪

 

続いてこちらがキッチン。

f:id:bochibochika:20191019003753j:plain

ホテルだけでなく他の2棟はレジデンスとして利用されてるだけあって普通に料理も出来ちゃいます。食器やカトラリーも置いてました。オーブンレンジも備え付けられているので外で買ってきたものや家から持参したものを温めて部屋で食べることも出来ますね〜、ってわざわざリバーサイドホテルに泊まりに来てそんな人がいるのかなって話ですが・・。長期滞在するならあり得そうですね(羨ましい・・)

ちなみに我が家はウド助の離乳食用に持参したレトルトを温めるのにオーブンレンジを利用しました。常温でも与えられるけど少し温めた方が美味しいしね。

あと、食器洗剤は付いていないので持参するか買う必要があります(近くにセブン有り)

 

もちろん水やケトルもあるので紅茶や珈琲、お茶も飲めますよ。

f:id:bochibochika:20191025012335j:plain

 

こちらがベッドルーム。

f:id:bochibochika:20191019003717j:plain

ここからもチャオプラヤー川の景色が一望できて朝から爽快!

ベッド向かいにはパソコン机として利用出来るスペースがあるので、ここでチャオプラヤー川を横目に仕事する人もいるのかもしれない・・なんて思うと羨ましくて仕方ない。

 

事前予約していたベビーベッドをすぐに運んできて組み立ててくれました♪

f:id:bochibochika:20191025014726j:plain

ベビー用品で有名なGRACO(グレコ)の簡易ベビーベッド。

ここで寝かしつけというのが難しくて大人用ベッドでゴロゴロ遊ばせて寝かしつけてから移動させるという感じでしたが、あった方が安心なので借りられて良かったです。

 

中にはベビー用のタオル一式とアメニティも入れてくれてました^^

f:id:bochibochika:20191025014740j:plain
f:id:bochibochika:20191025014745j:plain

シャンプー、ボディソープ、ボディローション、綿棒、石鹸、くし、歯ブラシセット。

実際に使ったのはシャンプー、ボディソープだけ。後は持参したものを使いました^^;;

ウド助を抱っこしながら泡立てるの大変やったけど、洗い上がりの頭皮のにおいが和らいでると言っていたウド男さん(洗い担当)。いつも汗臭いと言われるウド助(・∀・)

持参したのも泡立てる必要があったのでこっち使ってみるか〜という感じで。

あっ、あとくしは私が使いました(←忘れてきた人w)

 

シャワー、バスタブとトイレ。
f:id:bochibochika:20191019003725j:plain

半年ぶりに初日だけバスタブに浸かりました。芯まで温まって気持ち良い〜〜(´ω`)♡

ウド助は日本滞在時にバァバがよく入れてくれて喜んでたのをすっかり忘れてしまったのか、ウド男さんが入れると怖がってあまり楽しそうにしてなかったのが残念!

タイではすっかりシャワーやもんねぇ、たまには湯船に浸からせてあげたいなぁなんて思うんですけどね。。ベビーバスも怖がっちゃうもんだから・・

 

シャワーはお湯に切り替わる時間が遅いのと水圧が物足りず残念ながらこの部屋の唯一の欠点となりました。ホテルあるあるやけどもしっかり洗えた気がしないのよね・・

f:id:bochibochika:20191019003730j:plain

このシャワー室の向こう側(寝室側)に自動開閉するブラインドがあるんですけど、

夜ウド助が寝てる間にシャワーを浴びようとしたウド男さんが何かの拍子に開閉ボタンに触れたのか「ガラガラガラガラガラ〜」と大きな音を立てて突如開き始めた!!

開いた先には音にびっくりして起きたギャン泣き状態のウド助が掴まり立ちでお目見え。「おぉぉぉ〜い、何しとんヤァ〜!(心の声)」ってな一幕がありました。

押した覚えなく勝手に開き始めたと言うウド男さん。誤作動か!?

もしかしたらバスタオルが触れたのかもしれないと・・うーーん。

ベビー連れの方はお気をつけください。

 

こちらは洗面台。

f:id:bochibochika:20191019003815j:plain

リビングと寝室の間(浴室向かい)にあるんですけど、寝室との間に間仕切りはありません(リビングとの間にはあります)。なので、小さいお子さんが寝室で寝てたりするとドライヤーの音で起こしてしまうかもしれませんね。

ちなみに私たちはドライヤー音が聞こえないようにキッチン側で使ってました。


以上、私たちが宿泊した部屋の紹介でした!

 

通路を挟んでますがリビングから寝室まで広々設計なのでハイハイ時期のウド助にはもってこいのお部屋でした〜♪

最初は怖がって泣いてましたけど持参したおもちゃやメロディ本に喜び徐々に慣れてきて楽しんでる様子だったのでホッ。

 

朝食ビュッフェ 

ホテル滞在の楽しみの1つはやっぱり朝食ビュッフェですよね〜(≧∀≦)

正直こちらのホテルビュッフェは5つ星ホテルにしては特別テンションが上がる内容では無かったんですけど、事前にネットで調べてもどんな朝食内容か分からなかったので、今回写真メインで紹介したいと思います。

 

こちらが朝食会場。ロビー奥にあります。

f:id:bochibochika:20191025183634j:plain

 

出来立て麺料理を作ってくれるコーナー。初日はルークチン入りのクイッティアオで二日目はバミーでした。三日目は何やったんかなぁ〜

f:id:bochibochika:20191029022432j:plain


必ずと言っていいほどあるホテルビュッフェには欠かせない卵料理コーナー。

f:id:bochibochika:20191029022343j:plain

私はいつもオムレツ頼んじゃいます。それだけでお腹膨れるから勿体無い気もするw

 

サラダコーナー。一番手前のは辛そうでした。

f:id:bochibochika:20191029022349j:plain

 

チーズコーナー。置いてあった種類ではチェダーチーズが一番美味しい♡

f:id:bochibochika:20191029022406j:plain

 

フルーツコーナー。珍しくドラゴンフルーツが無かったなぁー。離乳食用にバナナがあると嬉しかった。

f:id:bochibochika:20191029022502j:plain


パンコーナー。デニッシュ系とハード系。

f:id:bochibochika:20191029022438j:plain

 

スコーンやチョコレートドーナツみたいなのもありました。

f:id:bochibochika:20191029022444j:plain

トースターが置いてあったけど、食パン専用みたいで何故?ってなりました。

クロワッサンや丸パンって少し焼いて食べた方が美味しいのにな。

 

シリアル系は充実してましたね。 

f:id:bochibochika:20191029022520j:plain

 

ドリンクコーナー。

f:id:bochibochika:20191101020231j:plain

 

ラズベリージュース美味しかった(隣はストロベリースムージー)

二日目はバナナスムージーでした。

f:id:bochibochika:20191101020237j:plain

 

ここまでは至って普通のホテルビュッフェ。

唯一意外だったのはデザートコーナー?にパートンコーがあったこと。

f:id:bochibochika:20191029022626j:plain

パートンコーとは小麦粉と砂糖で作られた揚げパンのようなものでタイ人は主に朝食で食べるそうです。

確かに午後は見ないパートンコー屋台が朝散歩で出てたりするもんね。

でも朝に揚げパンって沢山は食べられへんし、練乳つけて食べるとしても個人的にはおやつ的存在。

少し観察しているとパートンコー好き?なタイ人がこぞって練乳とともにお皿に盛ってました。

 

あとボタン一押しでパンケーキが完成する機械も置いてました。これは初めて見たな〜

f:id:bochibochika:20191029025711j:plain


他にも飲茶が2種類ほど、炒めものに揚げものや焼きもの、炒飯やスープなどなど。

敢えて写真には収めなかったけどおかずになるものももちろんあります。

 

私が二日間の朝食で食べたものたち。この他にもフルーツを食べましたよー

f:id:bochibochika:20191029023653j:plain
f:id:bochibochika:20191029023635j:plain

 

二日目の朝食。オムレツ左上のがパンケーキ。想像してたのとは違ったけど蜂蜜かけて食べたら美味しかった。

f:id:bochibochika:20191029023758j:plain
f:id:bochibochika:20191029023805j:plain

 

ウド助用のご飯。なんとか食べられそうなものを選んでみました。

f:id:bochibochika:20191029025729j:plain

最初は全食レトルトで対応しようと思ってたんですけど、友人のアドバイスをヒントに「ホテルのビュッフェでも食べられるものあるかもー!」と思い立ち、朝食はビュッフェ食でなんとかなりました^^

10ヶ月にもなれば食べられるもの増えますしね!

初日には見つけられなかったジョーク(粥)もあったし助かりました。

もちろんベビーチェアもあります。

ウド助にご飯を食べさせてる間にウド男さんにはビュッフェを楽しんでもらって、その後バトンタッチ。

騒ぎ立てるウド助を散歩がてら川沿いの景色を見せに行ってくれたり、先に部屋に戻ってもらったりしてる間にゆっくりビュッフェとラテタイムを楽しむことが出来ました♪
 

屋外プール 

f:id:bochibochika:20191025183658j:plain

6階にある屋外プール。

バンコクの景色を一望できる屋外プールはリゾート感を一番感じられる場所!

(写真は曇り空ですが・・)

ここから夕暮れ時のサンセットが見れたら贅沢〜✨

 

キッズ用プールは手前と奥に2箇所。深さが少し違っていて手前の方が浅かったです。

f:id:bochibochika:20191029022911j:plain

 

でも結局うちの子はまだ一人で泳げる月齢ではないので、ウド男さんサポートのもと大人用プールで泳がせました。

残念ながら楽しむどころか終始不安げな表情で笑顔がまったく見られず。

ビーチチェアに座らせてスマホいじらせたりスイマーバなどで遊ばせるとやっとリラックスした様子でした^^;;

まぁ早いうちから水に慣れといた方が良いし訓練ということで。

 

私はというと、バッドタイミングで初日早々入れない状態となり・・ 

一人私服でチェアに座りウェルカムドリンクと見守り役で楽しみました。

f:id:bochibochika:20191025183719j:plain

ウド助の分までウェルカムドリンク券をもらったのでプールサイドで一杯♡

唯一ノンアルコールのチャトリウムパンチ。グァバとパイナップルが入ってるのでさっぱりしてて美味しい〜


こんなお洒落なチェアもあり、カップルがいちゃついてました(死語) 

f:id:bochibochika:20191025183741j:plain

 

プールと反対側奥にはキッズ用遊具が。滑り台で隠れてますがシーソーもあります。 

f:id:bochibochika:20191029022839j:plain

ウド男さんが抱えての滑り台とシーソーにも乗せてみましたが嫌がる〜

まだ楽しむには早いかな^^;;

 

最後に部屋のバルコニーからもプールが見えたので撮ってみました。左側に見えてるプールもキッズ用です。

f:id:bochibochika:20191029023000j:plain 

 

最上階で飲むウェルカムドリンク

チェックイン時にもらえるウェルカムドリンク券。

f:id:bochibochika:20191101012622j:plain

このドリンク券はロビーラウンジ、プールバー、最上階の36階にある中華レストランのいずれかで注文することが出来ます。

 

ということで残りの2枚を36階のレストランで夜景とともに楽しみました。

f:id:bochibochika:20191101012351j:plain

チャオプラヤー川沿いのホテルに泊まると、もはやこのアジアンティークの観覧車がトレードマークとなっています。川を渡る船のイルミネーションも素敵。

 

ウェルカムドリンクと一緒に出てきたナッツが美味しくて二人でバクバク。

ウド男さんすっかりお気に入りのチャトリウムパンチと私はパイナップルジュース。

f:id:bochibochika:20191101235804j:plain

外に出たくない人は中華レストランで食事をして夜景鑑賞するのも一つですが、

夜景だけを楽しみたい人は是非ウェルカムドリンクを最上階で飲むのがオススメです!!

外にも出られるので夜景をバックに記念撮影も出来ます^^

私たちもウド助を抱っこしながら交代で記念撮影しました♡

ウド助が騒ぎ出したのであまりゆっくりは過ごせなかったけど夜景を楽しめたので満足。

ホテル近辺の飲食店とマッサージ店

ホテルステイでのんびり滞在と言いながらも夜ご飯はホテル近辺で食べました!

ホテルの近くにジャルンクルン通りという通りがあるんですけど、この通りには魅力的なお店が沢山あるんですよね〜。たった2日間しかない夕食タイムにどこを選ぶか・・

我が家、食に関してはウド男さんの方が敏感でして、事前リサーチのもと初日は『ヘンヘンコラート』というお店にムーカタを食べに行きました♪

f:id:bochibochika:20191029024441j:plain

メニューは1種類でムーカタセット(2人前)で300バーツ。足りない場合はオプションメニューより追加で注文します。

何故かビールが置いてないという不思議。お店の回転を良くするため?

 

★地図はこちら

ホテルを出てすぐの大通りがジャルンクルン通りなんですけど、そこの信号を渡ったすぐ向かいにあります。人気のお店のようで私たちが行った時は並んでました。

 

二日目の夜は以前一度行ってからまた再訪したいと思っていたインドカレー屋さん。

『Indian Food 17』 

f:id:bochibochika:20191029024510j:plain

カレー3種にナンを2枚。写真はアルゴビ(じゃが芋&カリフラワー)。ちょっと辛かったけど美味しかったです。初回訪問時にも確か3種選んで残してしまったのに学ばない。今回もお腹いっぱいで残してしまいました。。。このカレーにバターナンだと重たいのでプレーンがおすすめ。

f:id:bochibochika:20191101003850j:plain

店員さんに教えてもらいLINE登録すると無料で頂けたラッシーヨーグルト。

私の好きなドライフルーツ(レーズンなど)入りでめちゃめちゃ美味しかったしお口直しにもなった^^ 特に期限もないようなのでお好きな方は是非LINE登録を♪

メールは一度も送られてきません。

 

★地図はこちら

ホテルとは反対側(川向かい)にあるので私たちはGrabで利用しました。

このお店付近にも気になるお店が多い〜、場所的になかなか来られないのが残念!

 

そしてマッサージ。

ホテル館内のスパ・・と言ってもちょっと分かりにくい場所にありました。確かホテルを出て隣のコンドとの間ぐらいにありました。受付は階段上、2階にあります。

f:id:bochibochika:20191101004534j:plain

金額は忘れてしまいました・・がその辺のマッサージ店に比べればやはり割高です。

その分ラグジュアリー空間で施術を受けられるのでリラックス出来そう〜

https://www.chatrium.com/ja/chatrium/riversidebangkok/facilities/nemita-spa.html

 

私たちはというと、ジャルンクルン通りにもいくつか安マッサージ店があったのでそこから選びました。

『Chanachda Massage&Spa』

f:id:bochibochika:20191029024514j:plain

あまり見ない木の椅子なので座り心地は分かりませんがタイっぽくて好きです^^

f:id:bochibochika:20191029024531j:plain

ウド男さんはタイマッサージ90分、私はフット60分+ヘッド&ネック&ショルダーコース30分でお願いしました。事前に電話で予約して行きましたがお客は私たちだけ。2階で施術してもらいましたが、二人とも上手でウド男さんも私も満足でした。

私の方はタイマッサージと伝わってしまっていて途中で気づき伝えたらそのままの状態でフットマッサージ(オイル付き)に切り替えてくれました。

2人で900バーツと言われ支払ったんですけど、本来であれば私は550バーツのはず・・ということに店を出て気づき、2人で1000バーツ払った(残りはチップ)から結局ちょうど払った形になっちゃったねと^^;;

多分タイマッサージと間違えてしまったからサービスしてくれたんだと思います。

 

店前に置いていたメニュー表。

f:id:bochibochika:20191101005610j:plain
f:id:bochibochika:20191101005614j:plain

 

★地図はこちら

Google mapには載ってなくて店名で検索すれば出てきます。

 

この辺でマッサージというとワット・ウォラチャンヤワートに近いソイ72に並ぶマッサージ店(100バーツで受けられるとか!?)が有名みたいですが、ちょっとホテルから離れていたので近場で探しました。

 

気になるオブジェ(番外編)

 

こういうのに敏感になってしまう性分なので気にならない人はスルーすると思いますw

6階エレベーター前と並びのレジデンスロビーにある面白オブジェ。

f:id:bochibochika:20191029022716j:plain
f:id:bochibochika:20191029022720j:plain

 

この人は一体誰!?そして何故逆さなの!?

 

もしかしてホテルのオーナー?と気になったものでコンドの受付の人?清掃員?に聞いてみたら違うと言われ、でも知らないと・・

真相はいかに。

他にも楽しいオブジェが所々に見られたのでそういったところに目を向けてみても面白いと思います^^
 

まとめ

実際宿泊してみて、このホテルのおすすめポイントを挙げてみました。

あくまで乳児連れで宿泊した我が家の独断と偏見によりますので参考にしてみてくださいね。

 

<おすすめポイント>

チャオプラヤー川の景色が最高!

リバービューの部屋から眺める景色はどの時間帯に見ても最高でした。

ただ、バルコニーで乾杯するにも蚊に刺されてしまったのはちょっと残念(・∀・)

36階のレストランでウェルカムドリンクとともに家族3人夜景を楽しめたのも良い思い出になりました。これがルーフトップバーみたいな雰囲気の良いところだと乳児連れでは難しかったかなと思います。

 

プールが開放的

私自身は今回残念ながら入れなかったけど雰囲気だけは楽しめました。

プールの先端(テーブルがあるスペースあり)から見る36階建てのホテルを眺めるのもなかなかでした。

せっかくあったキッズ用プールはもう少し大きくなってからの方が利用しやすかったかな〜と思いました。歩き始めた子どもさんがいらっしゃるご家族には良いと思います。

 

部屋が広いので子連れにグッド

70㎡という広さと寝室とリビングが離れていたのは乳児連れの私たちには良かったと思います。ハイハイ期のウド助は思いっきりハイハイ出来たし、寝室のベビーベッドに寝かせたら私たちはリビングで過ごすことが出来ました。

 

キッチンがある

今回乳児連れということで離乳食やミルクを用意するのにとても助かりました。

オーブンレンジは持参していた離乳食用のレトルトを温めるのに役立ったし、キッチンが独立していたので哺乳瓶や食器が洗いやすかったです。

 

近辺に安くて美味しい(美味しそうな)お店やマッサージ店が多い

ローカルなお店やB級グルメ好きにはたまらないロケーションです。事前に行きたいお店を調べておいて食べに行くという楽しみが増えますよー♪

もっと日数があれば色々行きたかったぐらい!

初日のムーカタとマッサージはウド助が寝たのを確認してから夫婦で行きました。ベビーベッドでなければ出来なかったことですね^^;

 

近くにコンビニ(セブン)がある

徒歩圏内で行けるので地味に助かりました。食器洗剤や急に必要となったものがあったのですぐに買うことが出来たし、アルコール飲料やおつまみを買って部屋で乾杯することも出来ます^^

 

総合的にみると聞いていた通りコスパ良いホテルでした。

(今回の宿泊費用は一泊で約4千バーツ)

  

<逆に残念だった点&おすすめ出来ない人>

 

(残念だった点) 

・シャワーの水圧が足りない&お湯の出が遅い

・部屋のカードキーが何度か使えず取り替えてもらった(たまたまかも)

・朝食ビュッフェは5つ星ホテルとしては普通

・タイテイストが感じられない(タイっぽさがない)

 

(おすすめ出来ない人)

・ラグジュアリーさを求める人

・タイテイストを感じたい人

・豪華朝食ビュッフェを期待してる人

 

以上です!

 

子連れや家族連れが多く見られましたし、そういった層には受けが良いのかなぁ〜という印象です。

 

正直、ホテルとしては昨年泊まった『アナンタラ・リバーサイドバンコクリゾート』の方が好き。実は今回も候補に上がってました。

前回宿泊したときに書いた記事はこちら↓↓↓

www.udoko-life.com

 

子連れということで最終的に外しましたがいつかまた泊まりに行きたいなぁ〜と思っています❤︎

 

ウド子

 

↓↓↓参考になった方はポチッとお願いします♪ 

にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ
にほんブログ村