夫婦でバンコク移住下町滞在日記

夫婦でタイ・バンコクへ移住!!バンコク下町生活を記録するためのブログです( ^ω^ )♪少しでも役立つ情報があれば幸いです。2018年12月にウド助(♂)が誕生しました。

外国人でも受給可!タイの児童手当が毎月600バーツ支給されることになった♪

f:id:bochibochika:20200521004710j:plain

 

サワッディーカァー(^人^)

 

なんと・・ラマ4通りにあったヘンチュンセン(王春盛)が閉業したとの情報が飛び込んできました。。

日本人の間でも人気のモーファイ(モツ鍋)店。言わずと知れた名店です。

理由は契約満了に伴うそうで、跡地にはコンドミニアムが建設予定だそうですが写真を見る限り既に店舗の姿はありません( ;∀;)

詳細は「激旨!タイ食堂さん」のこちらの記事に書かれています。

xn----ieu8ap1dyfzkv469awe1a.com

一人で食べに行ったりウド男さんを連れてモーファイを食べたり、ウド助が生まれてから友達とお互い抱っこ紐でナムトックヌアを楽しんだのも今となっては懐かしい・・

そのときに書いた記事はこちらより↓↓↓

www.udoko-life.com

www.udoko-life.com

ただ完全なる閉業ではなく移転するようなので移転先が楽しみですよね!!

一体どこで再オープンするのか気になるところですが、行きやすい場所となるのかどうかが気になるところです。うーん。

ちなみにクロントイ市場裏のヘンチュンセンは営業しているようです。

 

 

さて!

タイの社会保険を毎月給与天引きで支払ってるウド男さん。

この社会保険料もコロナの救済措置として3月〜5月分まで引き下げられていますね。

 

そしてそして、タイの社会保険に加入していれば国人でも児童手当(こども手当)が支給されることをランシット日記ブログを運営されているニシザワさんの記事で知りました。

【月600バーツ】タイの児童手当の受け取り方【日本人も受給可!】

 

支給額は毎月600バーツ!!(日本円にして約二千円)

★支給対象期間は満1歳〜満6歳まで

 

少なっ!と思われるかもしれないけど、支払ってる金額も毎月750バーツ(約2,500円)なので毎月600バーツでも貰えるだけありがたいのです(´ω`)

ちなみに日本でウド助を産んだので、日本滞在中の3、4ヶ月分だったかの日本の児童手当も頂いてました。これが一月15,000円。

でかいですよね〜。出来ればずっと貰ってたかった・・

 

ただし、このタイの児童手当は社会保険に加入していれば自動的に支給されるというものではなく手続きが必要!

私たちの場合、ウド男さんの会社の総務の人に伝えて手続きをお願いしました。

 

そのときに総務に言われて提出した書類等はこちら。

・結婚証明書(英訳)

・家族証明書(英訳)

・証明書タイ語翻訳費用の支払い(1,050バーツ)

・パスポート写し(ウド男さんとウド助分)

・振込先口座の通帳写し

・社会保険証写し

 

あとは申請書にサインするように言われたりパスポートにサインしたり・・と、ウド男さんに聞いたところ記憶が曖昧ですがこんな感じです。

 

しかし4月に手続きしてもらって初めて支給されたのが4月末。

てっきり満1歳からということで1歳を迎えてからの月数分が支給されるのかと思いきや、振り込まれていた金額を計算してみるとどうやら0歳から貰えてるぞ!?

そこから支給されているのは今年の1月分まで。

 

何故に1月分まで!?

 

総務に確認してもらったり近所のワーママさんに聞いてみたところ、この児童手当は3ヶ月遅れで支給されるらしい。

つまり今月末に振り込まれるのが2月分ということになるのね。

なるほど〜

 

あとニシザワさんの記事によれば、毎年10月までに子どもの生存証明書(タイ語)を提出する必要があるようです。提出を忘れても遡って1年分は支給してもらえるみたいですけどね。

このとき総務も忘れてる可能性大なのでこちら側も忘れないようにしないと!

(カレンダーにメモメモ・・)

 

もし親がタイにいて子供が日本で暮らしていたとしても受給対象なのも助かりますね。

意外と外国人には知られていないようなのでしっかり申請して受け取りたいところです!

600バーツでもちりつもで年間7,200バーツ(約2万4千円)。

5年間だと36,000バーツ(約12万円)ですもんね。

 

うち貰ってないわ( ゚д゚)!!という方は旦那さんの会社の総務の人に聞いてみてください^^

 

ウド子

↓↓↓参考になった方はポチッとお願いします♪

にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ
にほんブログ村